ダイエットの「チートデイ」って何をする日なの?

ライフスタイル

つらい食事制限、一体いつまで我慢すればいいの?!とダイエット中はストレスが溜まりますよね。そんなダイエット中にチートデイという好きなものを好きなだけ食べられる日があるとしたらどうですか?



ダイエットの「チートデイ」って何をする日なの?



ダイエット中でも好きなものを食べられる日!

チートデイとはダイエット中でも好きなものを食べることができる日のことです。普段制限している食べ物でも好物でもなんでも大丈夫!1週間に1日くらいを目安に前もって設定しておきます。飲み会や会食の予定が入っているのであればその日に設定しても良いですね。チートデイの翌日は、必ずまた元の食事に戻します。

チートデイ取り入れるメリットとは?

① 代謝を上げる

ダイエット中にカロリーを制限し続けると、体は少ないエネルギーで生きていくために低代謝モードにシフトしていきます。代謝が落ちると体温も上がりにくくなるので、ダイエット中は体の冷えを感じる方も多いと思います。代謝が落ちると消費カロリーも落ちてしまうので、ダイエット効率が悪くなります。
チートデイを設け、一時的にエネルギーが沢山入ってくる状態のように体を騙すことによって、代謝を上げて再び痩せやすい体に戻してあげるのです。ダイエットの停滞期に入ったタイミングで行うと、チートデイはカンフル剤のような役目をしてくれます。

② ストレス発散

食べ物の制限が続くとどうしてもストレスが溜まりますよね。あとどれくらいの日数好きな食べ物を我慢しなくてはならないのかと、心が折れてリバウンドしてしまうケースも多いと思います。そんな時、数日後にチートデイがあると思えばご褒美効果で頑張れるのです。チートデイには好きなものを好きなだけ食べることができるので、ダイエット中に溜まりに溜まったストレスを発散することができます。チートデイはダイエットにおいて体と心の両方にメリットがあるのです。

③ モチベーションの維持

ダイエットで一番大事であり、かつ一番難しいことは「継続すること」です。ひたすら制限に制限を重ねた結果、リバウンドしてしまう人も多いかと思います。その理由は、制限だけだとちょっとしたきっかけで心が折れてしまいやすいからです。チートデイを一定の間隔で決めておけば、今回のチートデイが終わっても次のチートデイが数日後にある、という心の余裕がモチベーション維持につながるのです。

タイトルとURLをコピーしました