【下半身ダイエット】超簡単!日常生活に取り入れるだけで引き締め効果抜群の方法って?

ライフスタイル

下半身太りに悩んでいる女性は非常に多いものです。ダイエットをしてもスムーズにお尻や太ももを細くすることは難しいです。そこで、ここでは下半身太り解消のための効果的なダイエットを紹介します。



下半身太りを解消する為のダイエット方法を教えて!



大股でウォーキング!

下半身太りを解消するのに効果的なダイエット方法というと、大股歩きが挙げられます。これは、文字通り、大股でウォーキングをすることです。普段の通勤などの際に大股歩きを実施するだけで、下半身の筋肉の引き締めや消費カロリーの増加を期待することができますよ。最初は疲れを感じやすいので、徐々にウォーキングの時間を長くすると良いでしょう。

大股で歩くメリットとは?

① 脚の引き締めに効果的

大股で歩くことは、太ももやふくらはぎなど脚全体を細くする作用があるのが一番のメリットです。そもそも大股で歩き続けるためには、いつもの歩幅で歩く以上に足を振り上げなければいけません。その際に、太ももの前にある大腿四頭筋という筋肉を頻繁に使うことになります。その結果、継続して大股でのウォーキングを続けることで太ももを引き締めることができます。その他にも、大股歩きによってふくらはぎの筋肉を刺激できることもメリットです。そもそもふくらはぎは「第二の心臓」と形容されていて、足に溜まっている水分をスムーズに排出する機能があります。ふくらはぎの筋肉が弱まっていると、水分が溜まりやすいために、むくみによって太く見えてしまいます。ただ大股歩きをすればふくらはぎの筋肉を鍛えられるので、むくみを予防して脚全体を細くできるというわけです。

② お尻を細くできる

いつもの生活に大股歩きを取り入れることで、お尻を細くすることもできます。歩幅をいつも以上に大きくして歩く場合、体のバランスが取りにくくなります。安定して歩くためには、大臀筋というお尻の筋肉によってバランスをとる必要があるのです。そのため、大股歩きではお尻の筋肉が継続して刺激されるので、ヒップアップに繋がるというわけです。

③ ウエストを細くできる

大股で安定して歩行するためには、上半身の補助が必要となります。歩幅を大きく取る動作に連動して、特にウエストの筋肉は頻繁に使用されます。あたかも腹筋と似たような運動効果をもたらすので、自然とウエストまわりが細くなるということです。

ライフスタイル
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました