【上半身ダイエット方法】肩幅・お腹周りのダイエット方法を教えて!

ライフスタイル

上半身は、どうしても人目につきやすい部分。だからこそ肉付きがよくなると気になってしまいますよね。そこで今回は、上半身太りを解消できるダイエット方法を3つご紹介します。



上半身太りを解消する為のダイエット方法を教えて!



体を鍛えて脂肪を燃焼!

上半身太りの原因は主に内臓脂肪。内臓脂肪とは、その名のとおり内臓周辺についた脂肪のことです。内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクも高まるので、減らす努力をした方が健康のためになります。そこで、内臓脂肪を少しでも減らすために、猫背にならないよう姿勢に注意して日常生活を過ごすことが大切です。また、体を動かして脂肪を燃焼できるようなトレーニングも必要です。

上半身太りを解消できる3つのダイエット方法♪

①体幹を鍛えるプランク

上半身太り解消のためには体幹が必要です。体幹は、体を支えたり動かしたりする土台のような役割を果たしています。しかし、この体幹が弱いと姿勢が悪くなり、お腹に脂肪がつきやすくなってしまいます。そこで、体幹を鍛えるために行うトレーニングがプランクです。プランクのやり方は、
① 両手両足を肩幅に開いて、肘とつま先を床につけます。
② お腹とお尻を締めるイメージで背中が真っ直ぐになるように姿勢を保ちます。
このように、2ステップという手軽さなので、自宅でも簡単に取り組むことができるでしょう。上半身でも特にお腹に効かせたいのならプランクが最適です。
始めは無理なく続けられる秒数からスタートし、徐々に時間を増やしていきましょう。

②ストレスも発散できるボクササイズ

上半身全体を鍛えるならボクササイズが有効です。ボクササイズと聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、基本はパンチを打つだけなので手軽。また、爽快感も味わえストレス発散にもなります。音楽に合わせてパンチを真っ直ぐ打ったり、アッパーやフックといった技も繰り出せば、気分はボクサー。二の腕だけでなく、背中や腹筋にも効くので一度に全身を鍛えることができます。

③ペットボトルで作れるダンベルエクササイズ

上半身太りを解消するには筋トレも必要です。しかし、筋トレをするような器具がないという方もいると思います。そこで、ペットボトルに水を入れて作れるダンベルが手軽です。500mlのペットボトルを2本用意して水を入れ、後は両手に持って、持ち上げたり左右に体をねじるだけで腕や脇腹に効いてくることでしょう。ダンベルエクササイズは、自宅にあるものを使って簡単にできるので、ダイエット初心者でも始めやすい筋トレと言えます。

タイトルとURLをコピーしました