【寒い季節】どこにカイロを貼ったら効率よく体を温めることができるの?

ライフスタイル

これからの寒い季節、カイロが手放せなくなってきますが、貼る場所によって温まり方が全然違ってきます。今回は、一番身体を温めるカイロの貼り方をご紹介します。



どこにカイロを貼ったら効率よく体を温めることができるの?



「大椎」に貼るのがおすすめ!

一番温まることができ、カイロを貼るのに最適なのは「大椎(だいつい)」と呼ばれる箇所です。呼称ではわかりにくいので、具体的な場所を説明します。顎を引いて下を向いた時、首から背中にかけて隆起する骨があります。その位置がちょうど大椎と呼ばれる場所です。カイロはお腹や腰に貼るのが良いと思われがちですが、なぜ大椎がおすすめなのかを説明していきます。

どうして大椎を温めると効率よくあったまるの?

① 身体を温めてくれるツボがある


大椎には全身を温めてくれるツボがあります。風邪予防などでお灸を置くところなどとしてもしられているんですよ!首元が開いている服装の時はどうしても見えてしまう箇所になるので、そういう場合は肩甲骨の間など近い位置に貼るようにしてみましょう。風邪の予防にもなってくれるので、寒さ対策だけでなく病気対策にもなります。

② 自律神経を安定させてくれる

自律神経は、体温調整や血行促進の安定を保ってくれる神経です。大椎の位置は、神経が集まっているため温めることで自律神経が安定してくれます。血行の乱れなどから発生する、肩こりや冷え性などにも効果的なので一石二鳥です。もし、肩こりなど寒さとは別の症状でお困りの人も、大椎をカイロで温めてみると症状が和らぐことがあるためおすすめです。

③ 太い血管、脊髄を温めてくれる

首の後ろには太い血管と背骨があります。そこにカイロを貼ると、温まった血液がゆっくりと体内を循環してくれます。全身がポカポカと温まってくるので寒い冬には特におすすめです。

カイロを貼るのが難しいときは?

首元が開いた服装や、シャツの下のインナーに貼る場合は透けて見えてしまう可能性があります。
そういう場合は、お腹に貼ってみましょう。おへその下で下腹部になるところです。ここは丹田と呼ばれ、ここにも太い血管があるため全身を温めるのに向いています。温めるということは寒さ対策だけでなく、身体のこわばりを解消してくれるので、筋肉のこわばりが原因の肩こりや腰痛などで悩んでいる方は、是非カイロを使って体を温めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました