似合うメガネの選び方って?その場ですぐに確認できる方法を大公開!

ライフスタイル

顔の印象を大きく変えるメガネ。でも種類がありすぎてどれが自分に似合うのか分からないですよね。実は、メガネの選び方には押さえておくべき大きなポイントがあるんです。



自分の顔に似合う、メガネの選び方を教えて!



レンズ中央に黒目がくるメガネがおすすめです!

同じメガネをかけているのに、一方は頼りない印象でもう一方はすごく自然に見える。その理由の秘密は黒目の位置にあります。メガネを選ぶときは、レンズの中央付近に黒目がくるものを選ぶのが自然に見せる最大のポイント。自分に合うメガネを探すためには、自分の顔の幅や左右の瞳の距離を頭に入れておく必要があるのです。

 

メガネ選びのポイントとは?

大切なのは黒目の位置だった!

メガネは通販などでも買えますが、やはり自分に似合うものを探すなら実際に試着するのがベスト。つい色やデザインに目がいきがちですが、試着したらまずレンズの真ん中に自分の黒目が来ているか確認しましょう。それが自然に見えるポイントです。黒目が上側にきていると弱々しく頼りない印象になってしまいますし、逆に下側にきていると見た目の違和感が強くなってしまうのです。度の入ったメガネだと見え方にも影響が出るので、とにかくまずは黒目の位置が合うものを探しましょう。

目の位置が合わないときは

合うものがなかなか見つからないときは、鼻パットを使って調節し、高さを変えるといいでしょう。ただしすべてのメガネが調節に対応している訳ではないので、販売員に相談して可能かどうか確認するようにしましょう。

メガネの幅は、顔の幅と同じものを選ぶ!

上下の調節は鼻パットを使えばできますが、黒目が外側すぎる、あるいは内側過ぎるといった問題は調節で解決することが難しいので、メガネの横幅が合うものを探さなければなりません。顔の一番広い部分と、メガネフレームの横幅が同じになるのがベストのサイズだと言われています。実際にかけて確認するのはもちろんですが、フレームの横幅はテンプル(つる)部分の内側に記載されているのでその数字を参考にするのもおすすめです。黒目の位置が外側過ぎるならメガネが小さすぎる、逆に内側に来過ぎているならメガネが大きすぎる可能性が高いので、かけたときの印象も材料にしながらベストのサイズ感の物を探していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました