秋の味覚をふんだんに使った料理を教えて!

ライフスタイル

秋の季節は美味しい食材がたくさんあるので、食欲が増しますよね。ここでは、秋の味覚を楽しむことができるおすすめの料理をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!



秋の味覚をふんだんに使った料理を教えて!



鮭と舞茸の炊き込みご飯で秋を感じてください!


秋が旬な食べ物は色々ありますが、秋の味覚をふんだんに使った料理でおすすめなのが、鮭と舞茸の炊き込みご飯です。鮭と舞茸の香りを味わいたい人や炊き込みご飯が好きな人におすすめです。炊飯器を使って簡単にできますよ!

レシピとポイント♪

材料(2~3人前)

・米(2合)
・秋鮭(2~3切れ)
・舞茸(100g程度)
・生姜(10g)
・醤油(大さじ1)
・料理酒(大さじ2)
・塩(小さじ3分の1)

作り方

①下準備として、お米を洗っておきます。生姜は千切りにしておきましょう。

②秋鮭の両面に軽く塩を振った後に焼きます。(鮭を焼くことで、出来上がった炊き込みご飯が香ばしく良い匂いになります。)

③舞茸を、フライパンでしんなりとなるまで炒めます。

④洗っておいた米を炊飯器に入れた後、醤油と料理酒、塩、水(2合の目盛りまで)を加えます。

⑤軽く混ぜ合わせます。

⑥焼き上がった鮭と舞茸、生姜を米の上にのせて、炊飯器のスイッチを入れます。

⑦できた炊き込みご飯を茶碗に盛り付けた後、刻んだ小ねぎか大葉を添えて完成です。

② 鮭の栄養素について


鮭には、ビタミンB12やビタミンDが含まれています。ビタミンB12は、赤血球の生成を助けたり、神経の機能を正常に保つのに役立ったりします。鮭の皮の部分を食べない人もいますが、鮭の身と皮の境目の部分には、コラーゲンが含まれています。コラーゲンをとりたい人は、皮まで食べると良いでしょう!

③ 舞茸の栄養素について


舞茸には、βグルカンが含まれています。このβグルカンをとることで、免疫力を高めることができます。食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えたい人におすすめです。また、カリウムや鉄といったミネラルも含まれています。鮭と舞茸の炊き込みご飯を食べることで、秋の食材を楽しむことができますし、栄養もしっかりとることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました