癒されたい人必見!自宅ですぐ出来る!セルフケアで心と体を癒す方法5選

ライフスタイル

疲れたなと感じたら、何かに癒されたいと思いませんか?すぐに出来るセルフケアを覚えておくと、いつでも自分で自分を癒すことができます。簡単に癒される、おすすめの方法を紹介します。



癒されたい人必見!自宅ですぐ出来る!セルフケアで心と体を癒す方法を5つ教えて!



① ゆっくり睡眠をとる


眠ることは、お金もかけずに誰にでも出来ます。体だけでなく心が疲れたときにも、一晩寝るとリフレッシュできるもの。なかなか寝つけないときには、ふわふわで清潔な寝具にすると快適な眠りに導かれますよ。横になったら、難しいことは考えずになるべく頭を空っぽにするように心がけると自然と気持ちのよい眠りにつけます。体が冷えていると眠るまでに時間がかかるので、入浴して温まってから寝るのもおすすめです。

その他のセルフケアで癒す方法はこちら♪

② 好きな音楽を聴く


好きな音楽を聴くと、心身がリラックスしていつの間にか疲れが吹き飛んでしまいます。癒される音楽の種類は好みによって多少の違いはありますが、どちらかといえばスローテンポでメロディアスな曲を選ぶとじんわり癒されるでしょう。音楽には人を鼓舞する効果もあり、落ち込んだときにやる気にさせてくれる力を持っています。癒し効果に加えて、前向きな気分になれるのが音楽を聴くメリットです。

③ 絵本を読む

癒されたいときに感動ものの本を読むと、全身が生まれ変わったような気分になれます。ただし、読書が苦手だったり本格的に読書する時間がないという人もいるでしょう。絵本なら、短い時間で読み終えることができます。難しい漢字もなく、ストーリーも単純明快です。その割に、大人向けの本よりシンプルに感動できる物語が詰まっているのが絵本の魅力。何度読んでも飽きずに楽しめる絵本が1冊あると、いつでも癒されます。

④ ほっこりする飲み物で温まる


温かい飲み物を口にすると、思ず「ほっ」とため息が出ませんか?体が適温に保たれていると、自然と楽に過ごせます。温かい飲み物には、体の力を抜いてリラックスさせる力があるからです。お茶でもコーヒーでもココアでも、好きな飲み物で温まってみてください。量は、たくさん飲むより少量のほうが最初の一口の余韻が残りやすくなります。お気に入りのカップで、暖かい飲み物を飲むのもおすすめです。

⑤ 好きな香りのお風呂に浸かる

入浴すると、全身が解放されて疲れがとれます。好きな香りの入浴剤で香りをつけたお湯に浸かると、なおのこと癒されますよ。癒されたいときは、何か1つでも好きなものを身近に引き寄せるのがポイントです。様々な入浴剤がありますが、癒されたい気持ちを満たしたいならとにかく好きな香りを選ぶこと。ぬるめのお湯に体がじんわり温まるくらいに浸かったら、すかさず布団に入って睡眠をとると癒し効果倍増です。

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました