【KATE】イオリのコスメレビュー 普段使いにも盛りメイクにも使える☆「ケイトヴィンテージモードアイズ BR-1」

ケイト-ヴィンテージモードアイズBR-1をレビュービューティー

みなさん、こんにちは!Fiache.編集部のイオリです😊
今日はわたしが普段使っているおすすめのアイシャドウ【ケイトヴィンテージモードアイズ BR-1】についてレビューしていきたいと思います。
Fiache.編集部連載のメイクでも良く使っているので、気になる方はぜひ見てみてくださいね。

▽▽イオリの連載はこちらから!▽▽
https://fiache.jp/fiache-archive/iori/

ケイトヴィンテージモードアイズとは?

ヴィンテージカラーで
目のフレーム、深く際立つ。

くすんだ色合いの2色で、抜け感のある囲み目に。
目のフレームが広がったような、奥深く大きなまなざしを演出。

KATE公式からのコメントにもあるように、ヴィンテージカラーが特徴のパウダーアイシャドウです。
明るい色は上品なツヤ感を、深い色は奥深さを感じさせてくれます。
チップでも指でも扱いやすいので、初心者でも安心のアイテムです!

カラーは全部で5色。
2018年に発売された、オレンジよりのブラウンが目元を彩る「BR-1」、イエローよりの渋いブラウンがイエローベースさんにおすすめな「BR-2」深いワインレッドが大人っぽい「RD-2」、2019年に発売された、エレガントなパープルのきらめきが美しい「PU-1」、シックなグリーンが目元を際立たせる「GR-1」。

イオリFiache.編集部

今日はこの中でも、オレンジよりのブラウンが決め手の【ケイトヴィンテージモードアイズ BR-1】をレビューしていきたいと思います!

ケイトヴィンテージモードアイズ BR-1をレビュー☆

じゃん!こちらが愛用しているヴィンテージモードアイズです!

蓋をあけるとこんな感じです。
頻繁に使っているので、底が見えていますね笑
パウダータイプのアイシャドウです。

一つのパッケージの中に4種類のカラーが入っています。
腕に出してみるとこんな感じです。
わたしは普段、①、②、④の3色を使っています!初心者の方や、オフィスでのメイクに使う方は、この3色をおすすめします。(③は気分を変えたいときや、エレガントにキメたいときに使うようにしています!)


※写真の肌はイエローベースです。

実際に目元に塗ると・・・?

すっぴん&アイシャドウ


何もしていない目とアイシャドウを塗った目を比べるとこんな感じです。目の際の深い色が奥深さを表現してくれるので、目が大きくなったような気がしますね!笑
わたしは小さい目がコンプレックスで、デカ目にしたがりなのですが、このアイシャドウを使うと自然な感じで目を大きくしてくれるのでとってもハッピーに過ごすことができます!

★オフィス用メイク★


オフィス用のメイクです。アイシャドウは薄付で、目元を彩るようにのせます。アイラインはまつ毛の間を埋めるようにして、少しだけ目尻を伸ばせば完成です。
茶色のアイライナーだと優しめに、黒のアイライナーだとパキッとした印象になります!

★派手目メイク★


アイラインやマスカラをつけて、涙袋にもハイライトを入れたりすると、盛りメイクにもできます!
休日に今日は派手派手にしたいな~という時はアイラインもマスカラもハイライトも全部盛りでメイクするとばっちり盛れますよ💪

おわりに

今回はわたしが長らく愛用している「ケイトヴィンテージモードアイズ BR-1」についてご紹介しました!
今までいろんな茶色のアイシャドウを使ってみたのですが、このヴィンテージモードアイズが使いやすくて今のところ一番おすすめです☆
(メイクが得意じゃなくてもそれっぽくできるのはかなりのポイントです!!!)
使いやすいアイシャドウを探している方、上品な目元が作れるアイシャドウを探している方はぜひこちらのヴィンテージモードアイズを試してみてください!

おまけ♪

秋~冬のシーズンは昨年発売された、パープルもおすすめです。


わたしはカラーメイクが下手なのでまだ挑戦できてないのですが、カラーアイシャドウがお好きな方はぜひ試してみてください!とってもエレガントな発色で、ファビュラスな雰囲気に仕上がりそうです💎

イオリ😊

あなたにおすすめの記事▽▽



イオリFiache.編集部

Fiache.編集部所属の楽しいことが好きな人。特に音楽が好きで、週末は歌ったり踊ったりしてます。最近はオリジナル楽曲制作に奮闘中!

「メイク面倒くさいなあ~」と思いつつも、やり始めたら凝りたくなるタイプ。気分によってなりたい顔がコロコロ変わるので、ほぼすっぴんの日もあれば舞台メイクなみに濃い日もあります。

記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました