【悩み解決】胸が大きくて太って見える…。胸を感じさせないワンピースコーディネートを教えて

ファッション

胸が大きい人は、実際よりも太って見えてしまうこともあるため、ワンピースを選ぶ際にも一苦労ですよね。着やせして見えるワンピース選びのポイントを、お伝えしていきます。



胸を感じさせない。着やせするワンピースコーディネートを教えて!



胸やウエストまわりにメリハリが効いたデザインのワンピースがおすすめ♪

胸の大きい人は、胸のあたりでの切り替えがあるデザインや、胸やウエストまわりで絞っているデザインのワンピースなどが向いています。大きな胸を隠そうとして、ふわっとしたデザインのものを選んでしまうと、かえって逆効果になってしまいます。体のラインが適度に出るような、メリハリが効いたデザインを選ぶようにしましょう。

胸やウエストまわりにメリハリが効いたデザインのメリットとは?

① 太って見えない

ラインなどのワンピースは、胸のあたりを起点に、下へフワッと広がるデザインのため、胸の大きい人はどうしても太って見えてしまうからです。その点、胸のまわりで切り替えがあるデザインのものや、胸やウエストまわりで絞っているデザインのものなど、立体的なデザインのものは、ボディラインにメリハリが効いているため、着やせして見える効果があります。ラインを隠すのではなく、出すことで着やせ効果を得ることができるのです。

② 女性らしさが出る

メリハリのあるデザインのものを着ることで、ウエストの細さを強調することができ、女性らしい体のラインを作ることができます。あまりにピタッと体に密着するようなデザインのものを選んでしまうと、胸が強調されすぎて逆にいやらしく見えてしまいますが、しっかりした生地感のもので、適度に体のラインが出るようなデザインのものを選ぶと、清潔感やカッコよさも出るため、とても効果的に、適度な女性らしさを出すことができます。

視線を胸から他の場所へ誘導

一旦ウエストまわりで絞り、裾の方で広がっているようなワンピースを着ておくと、動いた時にフワッと裾が広がったり、風で揺らいだりすることがあります。人は、動くものに目を奪われてしまいがちなため、胸まわりではなく、すそに視線が行きがちになるのです。また、裾のボリューム自体もあるため、自然と視線を胸から誘導することもできるのです。自分の大きな胸に寄せられる視線にストレスを感じるという人は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました