眉毛ティント、塗り方ひとつで簡単長持ち!塗り方のコツは、肌ケアと毛流れにある☆

ビューティー

一度塗ると数日間色が落ちない眉ティント。メイクの時間短縮にもなりますし、形もキープ出来るので便利なアイテムです。でも以外と落ちやすい…。と悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は眉ティントを落ちにくくする塗り方について紹介します。



眉毛ティントを長持ちさせる塗り方を教えて!



角質などをしっかり落とし、毛流れに逆らってぬる


ティントを出来るだけ落ちにくくする塗り方のポイントは、「事前にお湯で皮脂の湯分や角質を落としてから毛に逆らって塗ること」です。

① 綿棒にぬるま湯を少し浸したら、眉毛の部分を軽く擦って汚れや皮脂をしっかり落とします。
② 水分が眉に残らないようにティッシュで拭き取るか、自然乾燥させます。
③ 眉ティントを眉毛の流れに逆らって塗ります。
④ 最後に形を整えるために、毛流れに沿ってサッと塗りましょう。

毛に隠れている皮膚の部分にもきちんと塗るのがポイントになります。形を整えるためにも、最後に毛の流れに沿って眉毛を整えたら完了です。

この手順のポイント!

①角質を落とすときお湯なら肌にも優しい

メイク落としや角質を除去するようなスクラブでも眉の汚れはしっかり落ちますが、肌に負担をかけることがあります。肌質によっては赤くなってしまったり、炎症を起こしてしまうケースもあるのです。お湯なら肌トラブルを起こす心配もないですし、不必要な汚れや角質をある程度落とせて眉ティントの持ちをキープしてくれます。

②スキンケアをした後にも一度お湯でOFF

洗顔をしてスキンケアをしたタイミングで眉ティントをする場合も、お湯でオフするのがいいでしょう。美容液やクリーム、乳液などの油分が残っていると眉ティントがしっかり密着しません。お湯で綺麗に拭き取っておけば肌にティントが密着し、持ちも良くなるのです。

③眉毛に逆らうように塗る

眉毛の下の部分にある皮膚に色を定着させるためにも、毛の流れに逆らってティントを塗っていきます。こうすることで、毛が邪魔をしている部分にもしっかり色を入れるとムラもなくなり、細部までティントが行き渡ってくれます。眉全体に色が均等に行き渡るので落ちにくくなり、時間が経って落ちていくときも同じ薄さになっていくので見た目も美しいです。塗り残しがないように細部までティントを塗ることも大事です。

④綺麗な眉毛にするために

逆毛を立てたままティントを放置してしまうと形がガタガタになってしまいますし、剥がすときにも痛い思いをします。剥がしたときに綺麗な形にするためにも、最後は毛の流れに沿ってティントを加えて完成です。はみ出してしまった部分は綿棒でオフして、理想の形に近づけます。パッケージに書いてある放置時間も守って、時間を掛けてティントを馴染ませることも重要です。

タイトルとURLをコピーしました