2020年冬から春にかけての、トレンドメイクカラーを教えて!

ファッション

オシャレなメイクをしたい場合、旬のトレンドカラーを取り入れるのが非常に大切です。そんなオシャレメイクをしたい方に、2020年の冬から春にかけてのメイクのトレンドカラーをご紹介します。



2020年冬から春にかけての、トレンドメイクカラーを教えて!



赤色がトレンド!ポイントカラーとして使ってみて

2020年の冬から春にかけてのメイクのトレンドカラーは、赤色です。濃いめの赤色をポイントメイクとして使うことで、顔の印象を大きく変えることができます。チークとして赤色を取り入れるのもいいですし、口紅やアイライナー、マスカラなどに取り入れてもオシャレにメイクすることができます。

赤色をポイントメイクに取り入れるメリット♪

① 顔の印象を華やかにする

赤色は、さまざまな色の中でも濃い配色で非常に目立つ色です。赤色のメイクを取り入れることで、顔の印象をぱっと明るくすることができます。また、相手に対して明るく元気で華やかな印象を与えます。例えば、黒色のカラーが定番であるマスカラを赤色にするだけで、まつ毛が強調され、人と違うオシャレ感を演出することができます。目尻に赤い色のアイライナーを入れるのもおすすめです。目尻が目立ち、顔の印象が華やかになります。

② 小顔に見せる効果が期待できる

t2200203-1-1赤色のトレンドカラーをメイクに取り入れることで、小顔に見せることができます。ポイントメイクとして使用した部分を立体的にさせることができ、相手に対して引き締まった印象を与えます。そのため、小顔にみせる効果が期待できるのです。
チークを赤色にするのもおすすめです。頬の一番高い部分に赤色のチークをほんのりと乗せることで、その部分を強調します。頬を立体的に強調することで、顔をすっきりとした印象に見せることができます。

③ 血色がよく見える

赤色を使うことで、顔の血色がよく見えます。赤みの色をプラスすることで、顔の色を明るくし、相手に対して元気な印象を与えます。特にブルーベースの方にはおすすめで、ポイントメイクに赤色を取り入れることで、青みがかった肌の色を健康的な肌色に見せることができます。
例えば、口紅の色を赤にすると、唇の赤色が顔の印象をぐっと明るくします。冬はメイクに暗めの色を使う方が多くなるので、敢えてトレンドカラーである赤色を取り入れることで、血色よく見せて顔の印象が暗くなりすぎてしまうことを防ぐことができます。これで春に向けて明るくなっていく雰囲気もメイクで楽しめますね!

タイトルとURLをコピーしました