【顔型別】シェーディングメイク術で遠心顔さんの小顔見せ方法をご紹介!

ビューティー

遠心顔さんの小顔見せに欠かせないシェーディングは、顔の形に合わせた方法で使いこなしましょう。
シェーディングでフェイスラインをキュッと引き締め、影を加えてメリハリのある顔立ちになれますよ!
遠心顔さんにおすすめの小顔見せシェーディング方法をご紹介します。



遠心顔さん向け!顔のバランスを整えるための、シェーディング方法を教えて!



顔の中心パーツに影を仕込み、バランスを整えましょう!

まず、顔の形に関係なく共通しているシェーディングのポイントをご紹介します。
遠心顔さんは、顔のパーツを中心に寄せるように見せることで、顔のバランスが整うので、顔の中心パーツに影を仕込み、バランスを整えましょう。
鼻まわりに影を加えるために、ノーズシャドウを鼻の付け根から眉下あたりまで、小鼻の膨らみ部分にもノーズシャドウを細い筆で入れます。
ノーズシャドウを鼻の付け根から入れるときは、ブラシで眉下までアーチを描くように入れると、自然に仕上がりますよ。

顔型別おすすめのシェーディングの方法とは?

遠心顔×顔が縦長の人向けシェーディング

縦長タイプの遠心顔さんのシェーディングは、まず気になる部分をシェーディングでカバーしましょう。

・縦ラインが特に強調される人は下あごに影
・えらが気になる人はえら部分とおでこの両側に影

さらに、縦長タイプの遠心顔さんは、おでこが広い傾向があるので、前髪の生え際あたりにもシェーディングを入れ、余白を埋めます。
ハイライトは、鼻筋だけではなく眉間にものせることで立体感が生まれ、のっぺり感が無くなります。

遠心顔×顔が横長の人向けシェーディング

遠心顔で顔が横長の人は、Tゾーン部分とほおに余白があるため、シェーディングで余白を埋めて横幅を狭く見せましょう。
おでこの両側とフェイスラインのほおの半分までにシェーディングを入れ、両サイドを引き締めます。
また、目頭の下と鼻筋の横に小さな逆三角形ができるようにハイライトを入れると、パーツがより中央に寄せたように見えますし、肌ツヤよく見えます。

遠心顔さんはシェーディングで顔の中心に影をプラスするだけではなく、顔の形に合わせて気になる部分をカバーすることで、顔のバランスが整います。
また、シェーディングだけではのっぺり感が出てしまうので、ハイライトで光とツヤもプラスしましょう。

遠心顔さんのハイライトの入れ方


まずはハイライトの入れ方ですが、遠心顔さんは顔の中央に光を集めるようにすると、パーツがキュッと引き寄せられて顔のバランスが整いやすくなります。
入れる場所は4つ。

・下の目頭部分に逆三角に
・眉間部分にT字に
・鼻の真ん中
・上唇の山の中央に沿って

小さめのブラシを使って入れると、肌に馴染みやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました