夏の疲れをとる秋の味覚といえば?

ライフスタイル

夏は暑くて疲れやすく、夏バテしやすいものです。そんな夏の疲れを秋に引きずっている人も多いのではないでしょうか。そこで秋の市場に出回る栄養豊富な秋の味覚で、夏の疲れを解消させましょう。



夏の疲れをとる秋の味覚といえば?



料理にもお菓子にも
ピッタリなさつまいも!


秋の野菜は、芋類や根菜類など繊維質の多い野菜が旬を迎えます。栄養が豊富で食物繊維も多く、風邪予防や胃腸を回復させる効果があると言われています。根菜類で有名なのは、秋の味覚の代表格であるさつまいもですね。さつまいもは料理やお菓子など様々なものに使われており、甘くて美味しいのが特徴です。離乳食にもよく使われています。

さつまいもを食べるメリット♪

秋の味覚の代表格であるさつまいもを食べることには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

① 便通の改善


さつまいもは他の野菜に比べて食物繊維が多いので、便通を良くしてくれる効果があります。またさつまいもを切った時に白く滲み出る汁はヤラピンと言われ、下剤のような役割を果たしてくれます。主に皮の近くに多く含まれると言われているので、さつまいもを食べるときは皮ごと食べるようにしましょう。便通が良くなれば食欲回復にもつながります。

② 料理やスイーツなど幅広く食べられる

さつまいもの調理方法は実に多くあります。ふかし芋、さつまいもポタージュ、スイートポテトなど、料理やスイーツまで幅広く活躍します。甘みがあり、子供も食べやすいため、離乳食としても使われている万能野菜です。誰でも気軽に食べられるので、夏バテ解消に積極的に取り入れましょう。

③ ビタミン、カリウムが豊富

ビタミンCは風邪などの予防や、精神的疲労、ストレスに効果があると言われています。熱に弱いと言われているビタミンCですが、さつまいもの場合は加熱しても壊れにくいという長所があります。また、ビタミンEは細胞の老化を遅らせる働きがあり、お肌の潤いを保ってくれます。カリウムは血圧低下に効果的です。夏の疲れた体をリセットしてくれます。

まとめ

秋になると、市場に出回るさつまいも。スーパーなどでは、調理後のさつまいもから良い匂いがし、食欲をそそります。旬の野菜には栄養価が豊富にあると言われていますので、秋の旬の野菜を積極的に取り入れて、夏の疲れをリセットするようにしましょう。

【スポンサーリンク】

タイトルとURLをコピーしました