メガネをかけると耳の後ろが痛くなる!メガネをかけても耳の後ろが痛くならない方法を教えて!

ライフスタイル

メガネをかけていると、どうしても耳の後ろが痛くなりがちです。耳が痛いと、必要であってもメガネをつけた生活が憂鬱になりがちですよね。長い時間かけていても快適にすごせる方法をご紹介します。



メガネをかけると耳の後ろが痛くなる!メガネをかけても耳の後ろが痛くならない方法を教えて!



店舗に自分に合うよう部品の再調整をお願いしてみて!


メガネをつけていて耳の後ろが痛い場合は部品の調整がフィットしていないということですから、購入した店舗に相談してしっかり再調整してもらうのが最良の方法です。メガネをつけている時間を短くするなどの方法を試しても結局つけている間は痛いのでは快適に過ごせませんし、メガネは常につけているから役に立つ道具です。

部品の再調整をお願いするメリットは?

①調整は無料で行ってくれる


購入した店舗、もしくはグループの別店舗などでの購入後の調整は無料で行ってくれるところがほとんどです。調整だからといって邪険に扱われることは少なく、丁寧に対応してくれます。痛さの緩和グッズもありますが恒久的なものではなく、費用がかかることを考えれば、無料の店舗サービスで根本的解決をしてしまったほうが、断然コスパがいいのです。

②メガネに詳しくなくても安心


自分でグッズなどを探して痛さを緩和しようとすると、費用もかかりますがメガネの知識がないとうまく活用できません。専門部品ではなく汎用部品になるので、結局自分のメガネに合うような調整も必要になります。メガネは金属のフレームであっても取り扱い方次第では壊れてしまうこともあり、修理になると購入店でも無料サービスではなく費用が発生します。店舗へ行く時間がなかなかとれないからといって、結局店舗に行くようなことになれば徒労感も増すばかりです。メガネは精密な道具ですから、専門技術を持つ人に任せるのが一番です。

③重さが原因であれば新しいフレームを選びなおした時にサービスがうけられる場合も

店舗で相談して部品を調整してみても、どうしても重さに耐えられないことが原因だと分かった時には、メガネの買い替えも視野に入れることになります。その際、店舗によっては2本目の扱いで価格減額のサービスがあったり、下取りサービスがある場合もあります。耳の後ろが痛いだけで済まない可能性もありますので、改善が難しい時には思い切って新しい眼鏡を使ってみてください。

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました