災害に備えて普段から持ち歩きたい!お守り防災ポーチの必需品!入れておくべきアイテムBEST10

落ち着いて行動できるお守り防災ポーチの必需品アイテムBEST10ライフスタイル

地震や台風などの災害でいざという時に、落ち着いて行動できるようになりたいですよね。そこで、お出かけの時にカバンの中に入れて持ち運べるような防災ポーチに入れておくと便利な必需品アイテムを紹介します。

1位:薬


災害時を想定して薬を入れておくと安心です。日頃から服用している薬がある場合はもちろん、何日か分の薬を準備しておいてくださいね。もし服用している薬がなかったとしても、風邪薬や痛み止めなどを持っておくと良いでしょう。

お家にない時は、防災ポーチに入れる用として買っておく必要があります。また、それだけではなくケガをした時に便利な絆創膏も忘れずに入れておいてくださいね。

2位:非常用トイレ


災害時はトイレが使えないことがあります。また、近くにトイレがない場合なども考えられますよね。そういった時にトイレに行きたくなったら困ってしまうので、非常用トイレがあると便利ですよ。コンパクトで収納しやすいものを選び、ポーチに入れておくと良いでしょう。

排泄物を固めてくれるタイプのものや、消臭効果があるものなの様々な種類が売られているので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

3位:マスク


マスクがあれば、ホコリなどを吸い込む可能性も減ります。マスクは折りたたむこともできるので、防災ポーチに入れやすいアイテムの一つです。何枚か入れておくと安心できるのではないでしょうか。

また、ホコリだけではなくウィルスなどの侵入を防ぐためにも必要ですよね。マスクが手に入らない時などは、ガーゼやキッチンペーパーなどを使って手作りマスクを作ってみるのも良いかもしれません。

4位:ウェットティッシュ


ウェットティッシュがあることにより、手や体を拭けるので清潔保持に役立ちます。また、除菌シートなどを入れておくと、食事の時などに便利です。体用にはかぶれないようにノンアルコールのものを選んだりして、防災ポーチに入れておきましょう。

ウェットティッシュがない時には、除菌ジェルなどを代用するのも良いですね。手が汚れたままで何かを食べたりしないように気を付けてください。

5位:笛


災害時などに建物や家具の下敷きになってしまう可能性もあります。身動きができない状態のままだと、声を出して助けを呼ぶことも難しくなってしまうかもしれません。助けを呼ぶときのために、笛を入れておくと安心ですね。

笛を口にくわえることで、少ない力でも大きな音を出すことができるようになります。100円ショップなどでも手軽に買えるので、普段使わないものだったとしても揃えておくようにしましょう。

6位:モバイルバッテリー


スマホを使っている方も多いですよね。災害時にスマホをずっと使っていると電池がなくなってしまい、連絡を取ったり情報を得るためにインターネットを見たりすることができなくなります。そのため、モバイルバッテリーを入れておき、いつでも充電できるように備えておくと安心ですよ。

防災ポーチに入れる時は、モバイルバッテリー自体がきちんと充電できているか確認するようにしてください。

7位:生理用品


いつ生理が始まるか分からないので、生理用品を準備しておくと良いでしょう。出かけた時に生理が始まっていなくても、少しの変化で生理になる場合が考えられます。ナプキンを何種類か持っておくことで、デリケートゾーンを清潔に保つことができますよ。

ナプキンはかさばりやすいので、コンパクトにたたまれているものを選んだりするようにしましょう。また、下着を変られない場合があるので、おりものシートもあると便利です。

8位:スリッパ


災害時は床や道にガラスなどが散らばっていることがあります。場合によっては裸足でいる時に災害が起こるかもしれないので、スリッパを用意しておくようにしましょう。裸足のまま慌てて逃げようとすると足を怪我してしまい、動けなくなってしまうことが考えられます。

部屋で使うような大きなスリッパだと持ち運びにくいため、折り畳みスリッパなどを取り入れるのがおすすめです。スリッパの底が丈夫かどうか確認してみてくださいね。

9位:メガネ


視力が悪い方は、コンタクトをつけている場合も多いでしょう。いつも通りコンタクトを入れて出かけた先で災害が起こってしまったら、そのままずっとコンタクトを目に入れておくのは良くないですよね。メガネを入れておき、いつでもコンタクトを取り外せる状態にしておきましょう。

持ち運んでいる間にメガネが押しつぶされないよう、硬めのメガネケースに入れることも忘れないようにしてください。

10位:ヘアゴム


髪の毛を伸ばしているという方もいるでしょう。肩より長い髪の毛の方は、ヘアゴムがあると良いですね。災害時には髪の毛を洗ったりすることもできなくなる可能性があるので、ベタベタしたり絡まってしまったりすることもあるでしょう。そんな時ヘアゴムで髪の毛を結ぶことでスッキリしますよ。

また、長い髪の毛は避難する時など、何か行動しなければいけない時に邪魔になってしまうので結んでおくようにしましょう

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました