【顔型別】ベース顔さんが失敗しないオフィスカジュアルのコーディネートを教えて!

ファッション

ベース型顔さんのオフィスカジュアルのコーディネートはどんなスタイルが一番似合うのでしょうか?ベース型顔さんのお顔の特徴から合わせたコーディネートをご提案します!



ベース顔さんが失敗しないオフィスカジュアルのコーディネートを教えて!



抜け感オフィスカジュアル!


ベース顔型の特徴は若干エラが張り気味の方が多く、そこから顎はシャープになっています。顔の横幅が広めの割に縦は短めが特徴です。頬部分が広いため表情の喜怒哀楽がとても分かりやすく、生き生きとした表情を表現することが得意です。そんなベース顔型さんには活動力溢れて、人が親しみやすい「抜け感オフィスカジュアル」がおすすめです。

どうして?

ではベース型顔さんには、なぜこのスタイルがおすすめなのでしょうか?ここではその理由・メリットを3つ紹介いたします。

ジャケットの下に「抜け感」を

オフィスでは、きちんと感も出したいもの。そんなベース顔型さんはジャケットの下にぜひ遊び心を取り入れてみましょう。黒のジャケットの下には、白など明るめのタートルネックセーターを合わせて抜け感を演出してみてはいかがでしょうか。首元までカラーを出すことで小顔効果もあります。また赤や緑といったパステルカラーをチョイスしてみるのもおすすめですよ。

ワイドパンツで「抜け感」を

パンツスタイルってきっちりし過ぎてしまいがちですよね。ベース顔型さんにおすすめなパンツスタイルは、ワイドパンツを取り入れること。ワイドパンツだけだと少し緩めになりがちなので、トップスは体にフィットした、上品なニットなどがおすすめです。ニットカラーは柔らかめなミントカラーを入れて、アクセサリーで引き締めると全体的にきちんと感が出ます。

スカートでも「抜け感」を

ベース顔型さんはフレアスカートやタイトスカートといった形状にこだわらず、スカートが着こなしやすい方が多いです。スカートですと、上品な雰囲気になりがちですが、そんな時でも抜け感を意識してコーデしてみてください。フレアスカートの場合、パンプスはベージュカラーで落ち着かせて、カジュアルな雰囲気を出すリブニットで全体のバランスを合わせてみてはいかがでしょうか。タイトスカートの時には、ざっくりニットで、上はゆるくさせることで、タイトスカートのきっちり感をバランスよくまとめることが出来ます。
ゆるくなり過ぎたらアクセサリーで落ち着かせて、きっちりし過ぎている時はバレエシューズなどに履き替えてみても良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました