【レビュー】水ダイエットやってみた!効果は?注意点は?デメリットは?

ビューティー

世の中にはさまざまなダイエット方法が存在します。今回は水を飲んで痩せる、水ダイエットに挑戦してみました。水ダイエットをした感想やメリット、デメリットをお伝えします。

そもそも水ダイエットとは


文字通り水を飲むダイエットです。「え?そんな簡単なことでいいの?」と思うかもしれませんが、その効果は侮れません。
私たち人間は、成人で実に50%が水でできていると言われています。しかし、様々な事情により水不足の現代人が増えているのです。
今回、実際に水ダイエットをしてみた私が実際にやってみたメリット、デメリットを紹介したいと思います。

まずはダイエットの結果


結論から言うと、水ダイエットを開始してから2ヶ月で-2キロほど痩せました。
それ以降は辞めたと言うよりも、水を1日2リットル飲むことが生活の一部になったという感じです。
リバウンドもしてませんし、成功と言ってもいいでしょう。
お腹が空いたと思うとなにかしら家にある昨日の残り物や袋菓子を食べていたところを、水に切り替えることで余分なカロリーを摂取しなくなり結果的に食事制限につながったのが痩せたポイントとして大きいかと私は思います。
続けるポイントとしては、ストレスを溜めないように外食の時は気兼ねなく好きな紅茶やジュースを飲んでいましたし、食事制限も厳しい決まりは設けませんでした

水ダイエットをして得られるメリット

①便秘が治る

私はかなり便秘がちでした。女性にはありがちだと思いますが、特に生理前の便秘がひどく、自分の便秘が水不足であると言うことに水ダイエットをしてから初めて気付くことができました。
朝起きてから水をコップに一杯飲むと、「もにょもにょ..」と腸が動き出すのを感じ、継続していると便通がだいぶ良くなりました。
便秘が改善するだけでポッコリと出たお腹がぺちゃんこになりましたし、体重が減りました。

②肌が綺麗になった


乾燥肌が良くなり、便秘が改善したことで化粧ノリがアップしました。かねてから悩みだった生理前のニキビやゴワつきの程度が優しくなりましたし、さらに唇のひび割れは見事に改善しました。

③ジュースの量が減る

水ダイエットをする前は好んでジュースを飲んでいましたが、ジュースを控えるようになりました。
ジュースには、「え!?」と思うほど多くの砂糖が入っています。
例えばコーラは500mlに含まれる砂糖の量は、角砂糖14個分と言われています。恐ろしい数ですよね。
これほど多くの砂糖を摂取していたことがわかりそれ以降、自然と水ばかりを飲むようになりました。
私はそれまで、よくジュースを飲んでいたのですが水ダイエットをしてからというものお金は浮くしジュースに含まれる糖分も摂取しなくなり一石二鳥です。

水ダイエットをすることで生じるデメリット

①トイレに行く回数が増える

水をたくさん飲めば当然尿が出る量が増えます。映画館や会議中など、トイレにいけない場面では結構困ることがありました。

②持ち運びが面倒くさい

水を1日に2リットル飲むことは簡単そうですが、出先だと実は難しいと思うこともありました。ペットボトル2リットルを毎日持ち運ぶわけにはいきませんし、
重いですし、ペットボトルはバッグの中でかさばります。

③体が冷える


冬に自宅にいるときは白湯を飲んでいましたが、出先で白湯が飲めない環境では仕方なく常温の冷たい水を飲みましたが、身体が冷えていました。生理中などの身体を特に温めたい時期は控えた方がいいかもしれません。

注意点

「水を飲んでいるから痩せられる」のではなく、水を飲むことで無駄な間食を抑え摂取カロリーを抑えられたのが要因であり、水を飲む=痩せる それだけでは痩せないことに注意が必要です。
また、何事もそうですがやりすぎは良くありません。水の飲み過ぎも同様で、水を飲みすぎると水中毒になり頭痛や吐き気、重篤な場合意識不明になることもあります。無理をせず、適度に行いましょう。

合わせて読みたいダイエット記事はこちら

 
 
 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました