冬の乾燥でおこる手荒れの対処方法を教えて!

ライフスタイル

湿度が低い冬は、肌の乾燥に悩む方が増えてきますよね。手は人目につきやすいだけに、乾燥で荒れているとつい気になってしまう人もいるでしょう。今回は、手荒れの対処法についてご紹介します。



冬の乾燥でおこる手荒れの対処方法を教えて!



手袋を活用してみて!

乾燥による手荒れを解消するには、手袋を積極的に活用するのが1つの対処法です。屋外に出るときはもちろんですが、家事の際にもこまめに手袋をつけるようにすると、手荒れに悩むことが少なくなるかもしれません。手袋には、ウールや綿、シルクなどのさまざまな素材があります。撥水効果のあるビニールの手袋も、常備しておくと便利です。

手袋をつけるメリット♪

① 冷たく乾燥した空気から肌を守ってくれる

屋外にでるときに手袋をはめるようにすると、冷たく乾燥した外気の影響を受けにくくなります。あかぎれやひびなどの手荒れは、乾燥すると悪化することが多いですよね。屋外の外気に触れると、肌の乾燥がますます進行してしまうことがあるため要注意です。ハンドクリームをしっかりと塗っているのに一向に手荒れがよくならないときは、肌の環境を見直すことが大切です。通勤の際はもちろん、犬の散歩やちょっとした買物にでるときにも、手袋をはめて出かけるよう心掛けてみてください。

② 肌の水分や油分が流出するのを防いでくれる

手袋は、水で肌の水分や油分が流れ出るのを防ぐ効果があります。洗い物などで水に素手で触れる機会が多いと、肌の水分や油分を失いやすくなってしまうため、乾燥がさらに悪化してしまうのが問題です。ビニール素材の手袋を1枚はめるだけでも、肌のダメージはだいぶ和らぎます。合成の素材にアレルギー反応を起こしやすい人は、綿やシルクの手袋をはめた上からビニールの手袋をすると効果的です。

③ 洗剤の刺激を受けにくくなる

洗剤の刺激から肌をガードしてくれるのも、手袋のメリットと言えます。界面活性剤などが含まれている洗剤は、肌への刺激が大きくなる傾向があります。手荒れをしているときは肌のバリア機能が崩れていることが多いため、洗剤に触れることでピリピリとした痛みを感じたり、手荒れが悪化したりすることがあるかもしれません。手袋をはめて洗剤に触れるようにすれば、こういった心配は少なくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました