寝る前にできる、カサカサ唇をプルプル唇に変えるケアの方法は?

ビューティー

唇がカサカサしてしまうと、見た目が悪く、口紅も綺麗に塗れなくなってしまいます。今日はカサカサ唇に悩んでいるあなたのために、寝る前に簡単にできる唇ケアを紹介します。これで朝起きたら、ぷるぷるの唇になれちゃいますよ!



寝る前にできる、カサカサ唇をプルプル唇に変えるケアの方法は?



はちみつパックで保湿!ぷるぷるな唇に。

寝る前に、唇にはちみつを塗ってから寝ることで、翌朝の唇に潤いを与えることができます!やり方は簡単。唇にはちみつを塗り、その上からラップをしてパックの状態にするのです。ラップで密封された唇は、はちみつの栄養成分がしっかりと角質まで浸透します。これで唇が乾燥してカサカサになってしまう悩みからさよならできますよ。

はちみつを使うメリットとは?

寝る前に唇にはちみつを塗ることで、なぜぷるぷる唇が実現するのでしょうか。具体的に、はちみつケアのメリットについて見ていきましょう。

①はちみつは保湿作用が高い

はちみつの水分量は約20%と言われ、水分を保持しやすい性質を持っている食品なのです。そんなはちみつを唇に塗ることで、しっかり唇を保湿することができます。浸透性も高くて、唇の角質奥まで水分を浸透させることが可能です。

②ビタミンの宝庫

はちみつの栄養成分として、ビタミンCやビタミンEが実に豊富です。唇も皮膚のひとつであり、ビタミン類を補給することで皮膚の状態を整えることができます。ビタミンの力で唇の荒れも防げるので、唇が荒れている人にはおすすめのケアなのです。さらにビタミンCは、保湿成分であるコラーゲンの生成にも必要です。はちみつでビタミンCを補うことは、同時にコラーゲンの生成を活性化することにもなるでしょう。

③優れた抗菌作用

唇の皮がめくれやすい人は、菌によりさらに荒れがひどくならないように気を付けなければなりません。はちみつにはグルコン酸という成分が含まれており、抗菌作用に優れています。雑菌が繁殖しないように清潔で丈夫な唇を作るためにも、はちみつは大活躍してくれるはずです。天然の成分なので、唇への刺激が少なくて安心ですね。

④寝る前に塗ることでより高い効果が

人間は、寝ている間に肌のターンオーバーが行われています。女性ホルモンの分泌が最も盛んになるのも、就寝中なのです。寝る前にはちみつを唇に塗れば、非常に効率良く栄養成分が唇に浸透します。夢を見ている間に、昨日よりも綺麗なぷるぷるの唇に生まれ変わっていくのです。

タイトルとURLをコピーしました