【ゴールデンウィーク特集2020】おうち時間を楽しく過ごすおすすめ方法22選

ライフスタイル

#おうち疲れをリフレッシュ

今はテレビやニュースなどで新型コロナウィルスの話題が多く、不安になったりネガティブな気持ちに傾きがちです。
おうちの中にいても、場所や景色が変わらないことや、テレワークやリモートワークになり仕事とプライベートの気持ちの切り替えが難しかったり、同じ場所にいることで感じる状態が出てくるかも。そんな体も心もおうち疲れを感じた時は、その都度、リフレッシュ方法を試しながら、自分を癒し、リフレッシュしてあげましょう。

⑱瞑想


環境が変わったことで、自分と向かう時間が増えた方も多いのではないでしょうか?Googleがマインドフルネス瞑想を研修に取り入れたり、スティーブ・ジョブスやミランダ・カーも瞑想を習慣化していることで有名ですよね。おうち時間を上手く利用し、何も考えない時間を意識的に作り出すことで、気持ちがスッキリしたり、パフォーマンスがアップしたりという良い影響を感じることができるといわれています。初めてやる場合はじっとしていることが難しいと感じるかもしれないので、あまり長い時間やろうとせずに、自分の好きな音楽をかけたり、朝起きてすぐ、寝る前など意識的にリラックスの時間を作りましょう。深呼吸するだけでも違いを感じられるでしょう。

⑲好きな音楽を聴く


疲れた時、リフレッシュしたい時にすぐに出来ることとして「好きな音楽を聴く」方法があります。好きな音楽を聴くと、心身がリラックスして癒されていくでしょう。癒される音楽の種類は好みによって多少の違いはありますが、どちらかといえばスローテンポでメロディアスな曲を選ぶとじんわりとリラックスできてオススメです。前向きな気分にリフレッシュしたい時はリズミカルなやる気にさせてくれるような音楽もいいでしょう。

⑳温かい飲み物を飲む

疲れたのに眠れない…、心身ともにリラックスしたい時は温かい飲み物を飲むとぐっすり眠れたり、リラックスしやすいといわれています。特にハーブティーはセルフケアの一つとして利用されていて、自律神経などへ働き、気分を落ち着かせてくれますよ。体質や体調に合わせてミルクやお茶、白湯、ハーブティーなど適したもの摂取してみてください。

㉑植物を育てる


木や植物の緑を見るだけで気持ちが安らいだり、リフレッシュしますよね。その環境をおうちでも取り入れてみましょう。植物から発生するマイナスイオンは、心拍の安定、血圧を下げる、リラックス効果など体と心に良い働きをするといわれています。フィカス・エラスティカ・デコラ、ガジュマル、シェフレラ・アルボリコラ、ユッカ・エレファンティペス、ケンチャヤシなど初心者でも育てやすい観葉植物は多種多様にあります。植物の力で癒されちゃいましょう。

㉒外の空気に触れる


一日中家の中にいると、気がついたら一度も太陽の光に当たっていない…という日もありますね。心と体のために1日20分ほど日光浴をしてみましょう。日光を浴びると「体内ビタミンDが生成されます。ビタミンは体の中でとても大切な栄養素の一つです。政府からも健康維持のための散歩はOKと見解がでていますので、ベランダに出る、散歩にいくなど、少し外の空気に触れてリフレッシュしてみましょう。

まとめ

2020年のゴールデンウィークは国からの要請もあり、家ですごす時間が格段に増えます。その時間を少しでも気分転換しながら色々と計画して楽しく有意義に過ごしてみましょう。

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました